ポスト・サラ金

多重債務者問題が深刻となり、また、グレー金利で貸し出している消費者金融や信販会社を規制するために、法改正がありました。その中の一つ、総量規制は、年収の3分の1を超える新たな借り入れはできないという法律です。

 

総量規制とは、貸金業法の中で定められています。消費者金融や、信販会社が発行するカードローンは、基本年収の3分の1を超える借り入れはできません。しかし、総量規制対象外のローンがあります。それが、銀行系のカードローンです。

 

なぜ、総量規制対象外なのかというと、銀行は銀行法であるため、貸金業法に定められている「総量規制」は、銀行には関係ないということもなります。ですから、銀行のカードローンは年収による借入の制限を受けません。

 

また、銀行系のカードローンは消費者金融や信販系と比較しても上限金利が低い設定になっています。ですから、比較的返済金額を安く抑えられます。初めて、カードローンを利用してお金を借りようと考えるときは、銀行系カードローンを検討するとよいでしょう。

 

即日融資とは

続きを読む≫ 2014/04/29 18:12:29

お金が急に必要になったとき、手元にお金がなくてお困りの時は、キャッシングができるカードローンを利用するとよいでしょう。カードローンには、銀行系のカードローン、消費者金融系カードローン、信販系カードローンなどがあります。

 

カードローンは、利用限度額の範囲であれば、何度でも繰り返し借り入れすることができます。少額の借り入れから、まとまった金額の借入まで、利用目的も自由に使うことができます。ただし、銀行系と消費者金融系では少し違いがあります。

 

近年、多重債務者問題により、貸金業法が改正になりました。その中で総量規制と言って、年収の3分の1以上の借り入れが新たにできなくなりました。しかし、銀行は総量規制外で適用を受けません。これは、銀行は「銀行法」に則っているからです。

 

銀行系カードローンであれば、年収による借入の制限はありません。ですが、借り入れの際は、多く借り過ぎないように、計画的に利用するようにしましょう。銀行系のカードローンは消費者金融に比べて、金利も安くなっており、初めてのご利用には適しています。

 

オリックス銀行カードローン 審査対策まとめ

続きを読む≫ 2014/04/29 18:12:29

総量規制とは何か、簡単に説明します。2010年6月18日に施行されました。世帯年収の3分の1を超える金銭の借り入れを規制することです。総量規制を考える場合まず最初に総量の言葉の意味を把握しなければなりません。

 

総量規制の総量とは、賃金業法に基づき金銭の貸付を行う、賃金業者から借り入する総額のことを総量といいます。例を挙げれば、クレジットカード会社や消費者金融の会社や信販会社などです。銀行からの住宅ローンやカードローンなどは、貸金業法に基づいた貸し付けではないので総量基準に当てはまりません。

 

総量規制では銀行の借り入れや、またショッピングの分割払いやリボ払いなどは当てはまりません。賃金業者からの金銭においての借り入れのみです。基準になる総量規制での年収についてですが、定期的な年収が決めれています。

 

総量規制の施行以降については、借り入れ残高が総額50万を超える場合は、貸金業社に収入の証明書が必要になります。これは、借り入れがなくても、ローンのカードの貸付枠によって50万を超えている場合にも、収入の証明書が必要です。

 

続きを読む≫ 2014/04/29 18:12:29

初めての借り入れを検討しているなら、銀行のカードローンがおすすめです。カードローンは利用限度額内であれば、何度でも繰り返し利用可能です。また、ほかの消費者金融のカードローンになどに比べても、金利が比較的安いです。

 

消費者金融系や信販系は、貸金業法に則りますので総量規制の対象です。そのため、年収の3分の1を超える借入はできません。銀行は銀行法に則りますので、銀行カードローン総量規制対象外ですので、年収による制限がありません。

 

申し込みには審査がありますが、安定した収入があり、返済能力があれば審査通過の可能性は高いです。申し込みは、窓口以外にもインターネットから申し込みすることができます。インターネットでの申し込みは来店の必要もありません。

 

審査は即日行われ、申し込みから回答まで約30分ほどで済むこともあります。融資可能と判断されれば、申し込んだその日に借り入れすることが可能ですので、お急ぎの時にも便利です。また、インターネットで依頼すれば、振込融資も可能です。

 

続きを読む≫ 2014/04/29 18:12:29

消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などが融資するキャッシングやローンでの借り入れは2010年から年収の三分の一以下に制限が加えられることになりました。したがって、この総量規制では収入証明が必要となるのです。

 

ところが、同じカードローンでもこうした総量規制の対象外のカードローンがあるのです。それは銀行が直接発行しているもので、こちらはカードローン総量規制対象外となるのです。当然収入証明も一切不要となります。

 

最近では消費者金融も、クレジット会社も銀行系金融グループの一員になっているため、ちょっと分りにくくなっていますが、銀行の名称のついたカードローンであれば、すべてこの規制の対象外ということになるのです。

 

この場合、年収の三分の一という規制もありませんし、借り入れにあたって収入証明書を提出する必要もありませんので、総借り入れの多い方や、収入証明を提出しずらいアルバイトやパートなどの仕事をされている方も利用しやすいものということができます。

 

続きを読む≫ 2014/04/29 18:12:29